PRUNUS UNIVERSAL PLAYER

繊細かつ大胆なJog Shuttle操作で映像編集をスピーディに

概 要

映像編集に、現場の空気を

報道やスポーツ中継の現場で必要なこと、 それは緊迫感をそのまま伝えるスピーディな編集。 そこで私たちは考えました。 持ち運び可能なノート型ノンリニア編集機で、 取材先を編集スタジオにしてしまおうと。 追求したのは、その現場の緊張した空気まで伝えること。 各種メディア・フォーマットへの対応はもちろん、 収録しながらの追っかけ編集も実装した、 現場にこだわるノート型ノンリニア編集機Prunus/NCcellの誕生です。

no.1収録中の素材は収録の完了を待つことなく、編集対象にできる“追っかけ編集”を搭載。

追っかけ編集比較例 ※それぞれの取込時間と編集のトータル時間が同じと仮定した場合

no.2ノートPCのモバイル性にあわせ、AC電源を必要としないバッテリー駆動を実現。

UP

no.3小型のビデオカメラシステムで普及しているAVCHDフォーマットにネイティブ対応。

AVCHD

no.4各種メディア用のドライブを接続することで、XDCAM(25/35/50Mbps)と
P2HD(DVPRO、AVC-intra)、GFPAK(HD/SD)の各種フォーマットを混在編集。

XDCAM (25/35/50 Mbps) / P2HD (DVCPRO, AVC-Intra) / GFPAK (HD/SD)

no.5メディア接続後、素材をHDDにコピーせずに編集の開始が可能。

※メディアからHDDへのコピーは編集作業と平行しておこなうこともできます。

UP

no.6汎用的なデジタルテレビに表示できるHDMI出力端子を搭載。

HDMI

no.7HD-SDI入出力と9ピン制御で、編集側からVTRを完全コントロール。

no.89ピンによるスレイブ機能で、外部からの簡易再生機としての利用が可能。

 

no.9AVC-intra50/100Mで収録可能。

※オプションのハードウェアエンコーダが別途必要です。

BackUP