PRUNUS NC exp

直感的な操作感、高い追従性、高速レスポンス、映像編集をよりクリエイティブへ

概 要

緊迫する報道現場、躍動するスポーツシーンを、シームレスなワークフローでスピード編集

直感的な操作や高い追従性、高速レスポンスをテーマに開発されたノンリニア編集機Prunus/NCexp。扱うコンテンツの特性から、迅速かつ柔軟な対応が求められる現場で、 NCexp=NEWS Center expressの名に課せられた使命をしっかりと果たします。
各種テープレスメディア映像フォーマットへの対応、テープから素材を収録しながらの 追っかけ編集、LANによるネットワークがつくり出すサーバーライクな素材共有、離れた場所とのファイル送受信機能など、報道やスポーツ中継で求められる機能を実装。 Prunus/NCexp は今、そのシームレスな能力で、映像編集のフィールドに新しいワークフローを誕生させます。

UP

シームレスにネイティヴ編集

テープレスメディアの各種フォーマットを混在編集

  • ■各種メディア用のドライブを接続することで、XDCAM(25/35/50Mbps)と
     P2HD(DVCPRO、AVC-Intra)、GFPAK(HD/SD)の各種フォーマット混在編集が
     おこなえます。
  • ■編集時の再生はリアルタイムでおこなえる、素早い操作レスポンスを実現します。
  • ■メディア接続後、素材をHDDにコピーせずに編集を開始できます。
  •  ※メディアからHDDへのコピーは編集作業と並行しておこなうこともできます。
  • ■タイムライン上のファイルコーデックと出力コーデックが一致している場合、
  •  カット編集部分を再エンコードせずに出力できます。
  • ■編集素材の一部を再編集する際は、該当部分のみを書き換えできます。

対応する3つのメディア・各種フォーマット XDCAM (25/35/50 Mbps) / P2HD (DVCPRO, AVC-Intra) / GFPAK (HD/SD)

テープからの入力、テープへの出力にも対応

  • ■テープの素材は、HD-SDI入力経由でMPEG2 100MまたはAVC-Intra50/100M
     (ハードウェアエンコーダが別途必要)で収録できます。
  • ■テープからの収録は、リニア編集機と同様にVTRタイムラインへの直接編集と同時
      におこなえます。
  • ■タイムラインの編集点とテープの映像の切り替わりを確認しながら作業できます。
  • ■収録中の素材は収録の完了を待つことなく、編集対象にできる「追っかけ編集」を
     搭載しました。
  • ■編集作業後、容易に本編へのカラーバーやクレジットを挿入できます。
  • ■リニア編集機と同等な1フレーム精度のInsert/Assemble編集に対応します。

追っかけ編集比較例 ※それぞれの取込時間と編集のトータル時間が同じと仮定した場合

コントローラー(オプション)

リモートコントローラー
MKB-88 / MKB-22

(武蔵株式会社製) ※写真・文章はMKB-88

割り当て可能な88個の機能ボタンとJOG/SHUTTLEダイアルでリニア編集に近い操作性

リモートコントローラー MKB-88

フェーダーオプション
FADER OP

アナログライクな8つの100mmフェーダーを備えたトータルリコール USB/MIDI コントローラー

B-CONTROL FADER BCF 2000

UP

優れたコストパフォーマンス

フルコネクト型ネットワークの構築で、サーバーレスの素材共有

  • ■複数のPrunus/NCexpをLANで接続することで素材を共有でき、高価なサーバーを
     設置する必用はありません。
  • ■AVC-Intra50の素材を使用すれば、Prunus/NCexp 5台間で同時に編集できます。
  • ■ネットワーク接続された他のPrunus/NCexpで収録中の素材を使用できる、
      “ネットワーク追っかけ編集”も可能です。

簡単・便利機能が、煩雑な編集作業を効率化

  • ■離れた2つの場所にあるPrunus/NCexpをIPネットワークで接続し、編集した映像
     ファイルやプロジェクトデータの送受信ができます。 また、直接編集機のメニューから
     送信でき、受信側は自動的にBinへ素材ファイルが登録されます。
  • ■モザイク、ぼかし、スポット、拡大などの操作やキーフレーム設定が素早く
     おこなえます。また設定が面倒なタイトルのテイクを、再生画面で実際にタイミングを
     とりながらおこなえます。
  • ■ダックボイスへの変換が容易です。
     またタイムラインを再生しながら音声収録し、オーディオトラックに貼り付けられます。

現状のシステムや将来的な大規模サーバーとも共存

  • ■既設の大規模スイッチャーやリニア編集機のプレビュー用機器としても活用できます。
  • ■タイムラインの内容をXDCAM(25/35/50Mbps)、P2HD(DVCPRO、AVC-Intra)
     やGFPAK(102Mモード)など各社MXFファイルで出力できます。
     ※AVC-Intra出力はオプションのハードウェアエンコーダで実時間出力

UP

システム構成例

システム構成例

UP

主な仕様

CPU

インテル® Xeon® プロセッサー(8コア)×2

内蔵HDD システムディスク500GB SATA 3.0Gb/s 7200rpm
データディスク 標準:500GB SATA 3.0Gb/s 7200rpm
オプション:2TB SATA RAID5(AVC-Intra 50Mbpsで約64時間相当記録可能)
映像/音声入出力 HD-SDI in BNC ×1※
HD-SDI out BNC ×2※
REF in BNC ×1(三値、BB共用)
HDV/DV in IEEE1394×2(オプション)
※映像:SMPTE 292M 音声:SMPTE 299準拠
LAN 1000BASE-T(100BASE-TX/10BASE-T対応)×2
インターフェース

USB3.0 ×4(前面1背面3) USB2 .0 ×6 (前面3 背面3)

シリアル×1、eSATAポート×4、IEEE1394a×2(オプション)

OS

Windows 7 Professional 64bit

外部制御 RS422(HD-SDI入出力時)
※付属のRS232C to RS422変換ケーブルを使用
入力画像フォーマット BMP、JPEG、PNG、TIFF、TARGA、Photoshop、etc.
最大トラック数 ビデオ 16トラック オーディオ16トラック タイトル16トラック
 
  • ■インテル、Xeonは、アメリカ合衆国およびその他の国における
    インテル コーポレーションまたは子会社の商標または登録商標です。
  • ■「XDCAM」はソニー株式会社の商標です。
  • ■「P2HD」、「AVC-Intra」、「DVCPRO」はパナソニック株式会社の商標です。
  • ■GFPAKは株式会社 東芝の商標です。
  • ■記載の社名、商品名などは、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • ■仕様およびデザインは、改善などのため予告なく変更する事があります。

UP

機器構成

基本セット 本体(SDI入出力ボード内蔵)、キーボード、マウス、9pin制御ケーブル
オプション [コーデック]
AVC-Intraハードウェアコーデック
各コーデックソフトウエアオプション
[機能オプション]
追っかけ編集オプション
[ドライブ]
ソニー株式会社製
XDCAM HDドライブ PDW-U2
パナソニック株式会社製
メモリーカード・ドライブ“P2ドライブ” AJ-PCD35 or AJ-PCD2G
[コントローラー]
武蔵株式会社製 リモートコントローラー MKB-88、MKB-22
FADER オプション
[周辺機器]
操作用液晶ディスプレイ
HDピクチャーモニター
モニタースピーカー
など

UP

背面図

背面図

UP

BackUP